独立して仕事がないことによる気づき

フリーエンジニアに転身した方の多くは、企業に所属し、エンジニアとして仕事をしていた時には、かなり忙しい毎日を過ごしていたという経験をしているでしょう。次から次へと仕事が入ってくるため、リフレッシュする時間もなく、仕事に追われていたという方も多いでしょう。こういった忙しさから解放されるために、フリーエンジニアに転身した方も多いと思います。しかし、フリーエンジニアに転身して、仕事がないことを経験することで、新たな気付きを得ることもあるのではないでしょうか。

今まで、企業に所属しエンジニアとして活躍していた方は、毎日仕事があることが当たり前となっていたと思います。「毎日、残業をしなければ仕事が終わらなかった」という方も多いでしょう。企業に所属していれば、営業の方が新たな仕事を見つけてきてくれますから、仕事がないという状況がなかった方も多いでしょう。

しかし、フリーエンジニアとなれば、仕事を見つけてくるのも自分自身。そのため、「仕事がない」と焦る時期もあると思います。こんな時、「忙しいということが、どれだけありがたいか分かった」「仕事があるということが、どれだけ幸せなことか分かった」と気づく方も多くいます。そのため、フリーエンジニアになったことで、仕事のありがたみに気づき、一つ一つの仕事を丁寧にこなすようになったという方も少なくありません。仕事が入ってくるというのは、当たり前ではなく、ありがたいこと、幸せなことと気づくことが出来れば、仕事への取り組み方も変わってくるのかもしれませんね。そして、その気づきにより、仕事への向き合い方が変わったことで、新たな仕事へと結びつくこともあるでしょう。

フリーエンジニアの方は、誰でも一度は「仕事がなくて、どうしよう」という不安な経験をするでしょう。しかし、この経験があるからこそ、次の仕事へ生かすことが出来るはず。仕事のありがたみが分かれば、一つ一つの仕事に向き合う気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

企業で学ぶということ

フリーエンジニアになる人が増えている反面、仕事がないという状況に困っているフリーエンジニアもいます。これはフリーエンジニアになる前の準備が、きちんと出来ていないことから起こってしまうことが多々あります。ではどのような準備が必要になってくるのでしょうか。

多くのフリーエンジニアには、いきなりフリーエンジニアへの道を進むことを決めた人はまず少ないと思います。まずは企業などで働いていて、そこからフリーエンジニアになることを考えた人が最も多いのではないかと考えます。企業で働いている間に、フリーエンジニアになることを考えて、出来る準備をしておくことが実際にフリーエンジニアになったときに助かることがたくさんあります。

例えば資金の準備です。フリーエンジニアになってもこれまでの仕事の内容によっては、仕事がないという状況にもなりかねません。仕事がない間を問題なく過ごすことが出来るだけの生活資金を準備しておくことも必要だと思います。それには企業で働いている間に、自分の年収がどれぐらいあるのか、また生活をするためにどれぐらいの生活費が必要なのかを把握しておくことです。簡単な家計簿や収支表などをつけておき、客観的に知っておくと良いでしょう。
資金に余裕がないと、仕事の成果にも影響が出てくることがありますので、時間とお金に余裕がある方が良い仕事が出来ることになり、また良い仕事をすることでもっと良い仕事をすることになるのではないかと思います。

また企業の経営の仕方などを学んでおくことも必要です。資金の回し方や、どのような経営方針を持つと良いのかといったことも、フリーエンジニアには必要なことです。営業をするにしてもどのような方法があるのか、もっと良い営業方法はないのか、このような意識をもって企業で仕事をしておくことがフリーエンジニアになったときに役立つのだと思います。
営業については、エージェントを活用するという手もありますので、こちらの『仕事がないフリーエンジニアからの卒業』というサイトからヒントを得てもいいかもしれませんね。

フリーエンジニアの仕事がない時の収入

フリーエンジニアというと、「高額収入の人が多いから、いつかは自分もフリーエンジニアになって稼ぎたい」と考えている方も多いでしょう。確かに、フリーエンジニアというと成功している方の話が話題となりますから、「フリーエンジニアになれば、稼げる」と思っている方が多いでしょう。
しかし、これはあくまでも成功例でしかありません。フリーエンジニアになった方の中には、後悔しその後企業への転職をしている方もいますから、こういった現実を知ることも大切です。

フリーエンジニアというと、「稼いでいる」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実際には成功している方もいれば、失敗している方もいるため、収入差はかなり大きなものとなります。フリーエンジニアとして成功している方は、年収1,000万円近くとなっている方もいますが、仕事を得られないフリーエンジニアの場合には、年収300万円を満たない方もいます。
それだけ、成功するか失敗するかによって、収入差が激しいということ。
簡単に、「フリーエンジニアになれば、収入アップ出来るだろう」と思っていると、後悔してしまう可能性が高いということです。

フリーエンジニアとして成功している方は、スキルや技術力はもちろんですが、人脈も豊富な方がほとんど。仕事に対しても、特化したスキルを持っていたり、営業スキルが高い方がほとんどです。フリーエンジニアになる前に、しっかりとした計画や戦略を持っている方がほとんどですから、安易な気持ちでフリーエンジニアになってしまえば、収入はゼロになってしまう可能性もあります。実際、フリーエンジニアになったことで年収が激減している方もいますから、こういった現実も知っておくことが必要となるでしょう。
フリーエンジニアになれば、「稼げる」と思っている方は、その考え方を変えなければ後悔してしまうことになるかもしれませんね。

仕事がない時こそのニーズの把握

フリーエンジニアとして活躍している方の中には、多くの仕事を得て、収入アップをしている方もいれば、全く仕事が入ってこないという方もいます。当然、誰だって収入アップが出来るフリーエンジニアになりたいと思っていると思います。「どうすれば、収入アップが出来るのだろう?」と思っている方は、周りの状況を冷静に判断する必要があります。

フリーエンジニアの方の多くは、「これだけのスキルがあれば、仕事は入ってくるだろう」と思っている方が多いと思います。当然、エンジニアとしての経験やスキルがあれば、自分の仕事に自信を持っている方が多いでしょう。しかし、どんなにエンジニアとしてのスキルが高くても、周りのニーズを理解していなければ、仕事を得ることは出来ないでしょう。そのためには、どういったニーズがあるのかを分析し、それに対し自分が今あるスキルはどのくらいなのかを判断することが必要。

スキル不足と感じるのであれば、勉強をしていくことが必要となるでしょうし、スキルがあると感じればそれをどう生かせば良いのかを考える必要があります。フリーエンジニアとして活躍するためには、何よりも他にはない特徴や特化したスキルがあることも大切。信頼して仕事依頼出来るかどうかもポイントとなってきますから、コミュニケーションスキルなども上げていくことが必要となるでしょう。
フリーエンジニアになった方は、仕事に自信を持っている方が多いと思います。

確かに、高いスキルがあればフリーとしても活躍していくことが出来ますが、クライアント側からすれば特化した技術力や信頼して仕事を任せられるという印象を与えることも必要です。そのためには、ニーズに合ったものを提供出来るスキル、コミュニケーションスキルも必要となってくるでしょう。

フリーエンジニアの仕事がない時の心の余裕

フリーエンジニアというと、憧れを抱く方も多いと思います。「自由な環境で、仕事が出来るというのは羨ましい」と思う方も多いでしょう。確かに、フリーエンジニアとなれば、通勤なども必要ありませんし、働く時間も自由ですから憧れる方も多いでしょう。しかし、フリーエンジニアというのは、安定しない働き方。時には、収入がゼロのこともあります。

フリーエンジニアの方の多くは、「会社勤めの時には、仕事が忙しくて自分の時間なんてなかった」という経験をしている方がほとんど。そのため、自分のペースで仕事が出来るフリーエンジニアに転身した方も多くいます。フリーエンジニアに転身した方の多くは、「心に余裕が出来た」と感じています。しかし、それと同時に感じているのは「心に余裕は出来ても、経済的余裕はなくなった」と感じている方が多くいます。仕事が軌道に乗れば、今まで以上に収入が増えたという方もいますが、なかなかそこまでたどり着けない方もいます。

収入を増やすためにフリーエンジニアになった方にとっては、収入が増えないことで心に余裕がなくなってしまう方もいますが、「自分のペースで、じっくりと仕事に取り組める」と感じている方にとっては、心に余裕を持って仕事を進めることが出来るため、「仕事へのやりがいを感じやすくなった」という方もいます。フリーエンジニアになるためには、どういった目的でフリーエンジニアに転身したかによっても、心の向き合い方が変わってくるのかもしれません。

フリーエンジニアになりたいと考えている方は、こういった収入への不安定さも理解した上でチャレンジすることが大切です。そうしなければ、心に余裕がなくなってしまい、会社勤めの時よりも環境が悪くなってしまう可能性がありますから注意が必要です。