独立して仕事がないことによる気づき

フリーエンジニアに転身した方の多くは、企業に所属し、エンジニアとして仕事をしていた時には、かなり忙しい毎日を過ごしていたという経験をしているでしょう。次から次へと仕事が入ってくるため、リフレッシュする時間もなく、仕事に追われていたという方も多いでしょう。こういった忙しさから解放されるために、フリーエンジニアに転身した方も多いと思います。しかし、フリーエンジニアに転身して、仕事がないことを経験することで、新たな気付きを得ることもあるのではないでしょうか。

今まで、企業に所属しエンジニアとして活躍していた方は、毎日仕事があることが当たり前となっていたと思います。「毎日、残業をしなければ仕事が終わらなかった」という方も多いでしょう。企業に所属していれば、営業の方が新たな仕事を見つけてきてくれますから、仕事がないという状況がなかった方も多いでしょう。

しかし、フリーエンジニアとなれば、仕事を見つけてくるのも自分自身。そのため、「仕事がない」と焦る時期もあると思います。こんな時、「忙しいということが、どれだけありがたいか分かった」「仕事があるということが、どれだけ幸せなことか分かった」と気づく方も多くいます。そのため、フリーエンジニアになったことで、仕事のありがたみに気づき、一つ一つの仕事を丁寧にこなすようになったという方も少なくありません。仕事が入ってくるというのは、当たり前ではなく、ありがたいこと、幸せなことと気づくことが出来れば、仕事への取り組み方も変わってくるのかもしれませんね。そして、その気づきにより、仕事への向き合い方が変わったことで、新たな仕事へと結びつくこともあるでしょう。

フリーエンジニアの方は、誰でも一度は「仕事がなくて、どうしよう」という不安な経験をするでしょう。しかし、この経験があるからこそ、次の仕事へ生かすことが出来るはず。仕事のありがたみが分かれば、一つ一つの仕事に向き合う気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website