企業で学ぶということ

フリーエンジニアになる人が増えている反面、仕事がないという状況に困っているフリーエンジニアもいます。これはフリーエンジニアになる前の準備が、きちんと出来ていないことから起こってしまうことが多々あります。ではどのような準備が必要になってくるのでしょうか。

多くのフリーエンジニアには、いきなりフリーエンジニアへの道を進むことを決めた人はまず少ないと思います。まずは企業などで働いていて、そこからフリーエンジニアになることを考えた人が最も多いのではないかと考えます。企業で働いている間に、フリーエンジニアになることを考えて、出来る準備をしておくことが実際にフリーエンジニアになったときに助かることがたくさんあります。

例えば資金の準備です。フリーエンジニアになってもこれまでの仕事の内容によっては、仕事がないという状況にもなりかねません。仕事がない間を問題なく過ごすことが出来るだけの生活資金を準備しておくことも必要だと思います。それには企業で働いている間に、自分の年収がどれぐらいあるのか、また生活をするためにどれぐらいの生活費が必要なのかを把握しておくことです。簡単な家計簿や収支表などをつけておき、客観的に知っておくと良いでしょう。
資金に余裕がないと、仕事の成果にも影響が出てくることがありますので、時間とお金に余裕がある方が良い仕事が出来ることになり、また良い仕事をすることでもっと良い仕事をすることになるのではないかと思います。

また企業の経営の仕方などを学んでおくことも必要です。資金の回し方や、どのような経営方針を持つと良いのかといったことも、フリーエンジニアには必要なことです。営業をするにしてもどのような方法があるのか、もっと良い営業方法はないのか、このような意識をもって企業で仕事をしておくことがフリーエンジニアになったときに役立つのだと思います。
営業については、エージェントを活用するという手もありますので、こちらの『仕事がないフリーエンジニアからの卒業』というサイトからヒントを得てもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website